生態を知る

ハクビシンの駆除は害獣駆除業者へ

ハクビシンは果物を好むため、果樹園や農作物などに被害をもたらす害獣として駆除の対象となっています。近年では、街中や市街地でも生息が確認されており、被害の拡大は深刻です。そのため害獣駆除業者では、ハクビシン駆除を専門としている所もあります。被害が確認されたら、拡大する前に駆除業者へ依頼することが確実に駆除できる方法といえます。駆除業者の選び方として、まず価格が妥当かどうか、アフターフォローがあるかなど、一社だけではなく、数社の比較検討をすることが大切です。

ハクビシンの生態と自分でできる対策方法

ハクビシン駆除は、鳥獣保護法が適用されるため、被害があった場合の駆除は、自治体からの許可をもらうことが必要となります。ハクビシンは農作物の被害だけでなく、建物の屋根裏などに住みつき、ダニやノミなど衛生面でも人間を脅かします。自身でもできる対策として、忌避剤の散布や害虫駆除用のくん煙剤も効果を発揮します。さらに建物の大きな穴はふさぎ、背の高い雑草や移動に使える樹木の枝の剪定などのほか、廃屋や倉庫など人の気配がない場所への警戒など、ハクビシンの住みにくい環境にすることが撃退の方法となります。しかし自治体から、ハクビシン駆除の許可が下りるのは、直接被害をもたらした固体のみであるため、多く生息するハクビシンを一層することは大変難しい事となります。被害が深刻になる前にハクビシン駆除は、専門業者へ依頼することでより確実となります。