作物を荒らす害獣

農作物を作っている農家にとっては厄介な害獣です

大切に育てた作物を食い荒らすのがハクビシンですが、ハクビシンは人間の住んでいる住宅に巣を作ってしまう習慣があります。もし、住宅に巣を作られた場合はハクビシンは夜行性なので住民が寝静まった頃でも活発に動き回りますので、最悪の場合は住民の方が睡眠不足になってしまう可能性があります。そしてハクビシンは特定の場所に糞尿をする習性があるので、もし天井裏に巣を作られてしまった場合はハクビシンによって、屋根裏の特定の場所に大量の糞尿を垂れ流されてしまいます。

駆除業者に任せてハクビシン駆除をしてもらいましょう

実際にハクビシンの被害にあった場合は、個人でも巣への浸入口を防いだり、農作物にネットを張って保護したりなどして自衛策をとることは可能ですが、確実性を求めるならハクビシン駆除を駆除業者へ依頼するのが無難だといえます。個人でハクビシン駆除を成功させたとしても、その後には巣になった場所の掃除がまっていますので非常に厄介だといえます。何故ならハクビシンが巣にした後の屋根裏などは、ハクビシンの糞尿やハクビシンに寄生していたノミなどが生息しているので素人の方が個人で清掃するには不向きな状態になっているといえます。ハクビシン駆除を駆除業者へ任せた場合は、ハクビシンを駆除した後に屋根裏の清掃作業も行ってくれる企業も存在しますので、駆除した後のことを考えた場合はハクビシン駆除は駆除業者へ依頼したほうが賢明です。